ホーム > お知らせ

お知らせ

大英博物館のブログに当連盟登録技術者による記事が掲載されました。
H29.3.14
大英博物館のブログにて、当連盟登録技術者で昨年平山スタジオのコンサバターとして渡英された楠京子氏の記事が掲載されております。
ご活躍の様子と共に、住友財団の助成による当連盟との修理事業についても詳細にご紹介いただいております。
ぜひご覧ください。
 
京都文化博物館・京都大学総合博物館共同開催展覧会「日本の表装」【終了】
H28.12.1
京都府、京都大学総合博物館、京都文化博物館及び一般社団法人国宝修理装潢師連盟の主催により、展覧会「日本の表装」が開催されました。
平成28年度 第22回定期研修会を開催しました。
H28.11.11
平成28年11月11日(金)、京都府民総合交流プラザ京都テルサにおいて、平成28年度第22回定期研修会「料紙と補修紙の多様性」を開催しました。
当日は350名を超えるご参加をいただき、盛会となりました。
日本の技体験フェア「ふれてみよう!文化財を守り続けてきた匠の技」【終了】
H28.10.23
平成28年10月22日(土)〜10月23日(日)、ヤマダグリーンドーム前橋(群馬県前橋市)にて、文化庁日本の技体験フェア「ふれてみよう!文化財を守り続けてきた匠の技」(主催:文化庁 共催:群馬県教育委員会,前橋市教育委員会,全国文化財保存技術連合会)が開催されました。
奈良国立博物館特別陳列「和紙-近代和紙の誕生-」【終了】
H28.06.02
 平成28年6月7日(火)から7月3日(日)まで、奈良国立博物館にて、特別陳列 和紙-近代和紙の誕生-が開催されました。
 詳細(奈良国立博物館Webサイト)
 6月18日(土)には座談会が開催され、いつもお世話になっております
・有吉正明氏(高知県立紙産業技術センター)
・長谷川聡氏(長谷川和紙工房)
・湯山賢一館長(進行役)
が登壇されました。
 併せて 江渕栄貫氏(選定保存技術「表具用手漉和紙(補修紙)製作」保持者)による紙漉き実演も行われました。(6月18日、19日)
 当連盟は、この特別陳列に協力させていただきました。多数のご来場ありがとうございました。
訃報
H28.04.01
 当連盟名誉会員、藤岡新三氏におかれましては、去る平成28年3月30日ご逝去されました(享年85歳)。
 藤岡氏は昭和6(1931)年生まれ、昭和41年に当時の準連盟員に入会、昭和52年に連盟員となり、平成11(1999)年から2年間、理事長を務められました。平成6年に文化庁長官表彰、平成7年に黄綬褒章、平成13年には勲五等双光旭日章を受賞されています。
 故人のご功績を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
役員の人事異動について
H28.04.01
連盟員の異動について
H28.04.01

過去のお知らせ

ページの先頭へ