文化財修理を通じた社会貢献 | 一般社団法人 国宝修理装潢師連盟

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

国宝修理装潢師連盟のWebサイトへようこそ

国宝修理装潢師連盟は、国宝・重要文化財を中心とした文化財(美術工芸品)の保存修理を専門的に行っている修理技術者集団です。主に日本・アジア地域で製作された「絵画」「書跡・典籍」「古文書」「歴史資料」などを修理対象としております。

国の選定保存技術「装潢修理技術」の保存団体として技術の発展及び向上を図り、文化財修理及び関連する諸事業を通じた社会貢献を行っています。

 

最新のお知らせ

展覧会「日本の表装ー紙と絹の文化を伝える」土曜連続講演会のご案内 
H29.1.13
1月14日(土)
14:00〜15:30
「表具師から装潢師へ」 岡興造氏
(岡墨光堂会長/前・国宝修理装潢師連盟理事長)
1月21日(土)
14:00〜15:30
「日本の文化財の修理をめぐって−彫刻の修理の場合−」 根立研介氏
(京都大学大学院文学研究科教授)
1月28日(土)
14:00〜15:30
「古文書修理の歴史と理念」 湯山賢一氏
(奈良国立博物館長)
2月4日(土)
14:00〜15:30
「前近代における書跡・古文書修理の様相」 横内裕人氏
(京都府立大学文学部准教授)
2月11日(土)
13:00〜15:30
「近世ヨーロッパ美術と修復」 平川佳世氏
(京都大学大学院文学研究科准教授)
「平安時代の仏画制作とその修理」 増記隆介氏
(神戸大学大学院文学研究科准教授)
展覧会「日本の表装」(2館共同開催)のご案内 
H28.12.1
大英博物館のブログに平山スタジオでの東洋絵画修理が掲載されました
H27.10.15
「装潢史」の頒布は平成26年12月26日をもって終了させていただきました
H26.12.27

お知らせ一覧