ホーム > 加盟工房 > 株式会社文化財保存

株式会社文化財保存

名 称 株式会社 文化財保存
代表者 代表取締役 吉岡 宏
TEL 0742-20-6720(奈良本社)
0742-25-4768(奈良工房)
FAX 0742-20-6721(奈良本社)
0742-25-4769(奈良工房)
EMail

工房紹介

当社の工房は奈良国立博物館文化財保存修理所内にある。平成11年11月11日に設立し、平成21年に設立10年目を迎えた。

「文化財保存」という社名には、理想の工房を作る必要があると、志を立てた時の私達の思いが込められている。「文化財保存」を支え発展させるのは『人』である。このことは設立における基本理念であり、将来へ受け継がれてゆかなければならない。

当社は修復部と総務部で構成され、修復部は絵画と書跡に別れ、それぞれを専門とする技術者が担当している。又その両方にまたがる形で保存修理科学を専門とする技術者を配している。

当社においては設立時の基本理念を基に、修理技術者としての正しい倫理観そして理念に基づく『人』が育つ場を目指している。即ち「修理技術と表装技術」、「美術や歴史」そして「保存科学的知識」あるいは「創造力や表現力」、それら全てに均衡のとれた力を持つ人材が育ち、彼ら自身がそのことを自覚し誇りに感じる事を望み目指している。

また当社の大きな柱のもう一つに、工房の設備の充実と環境の整備がある。「安全な修理所」造りへの取り組みである。防犯・火災・地震等に対する安全対策、温度湿度の調整、紫外線・光量のコントロール、害虫対策などI.P.M.への取り組みなどがそれにあたる。それに対しては保存科学担当の技術者を中心として社員全員で計画的に管理している。

さらに大きな柱として、新技術の開発・改良にも取り組んでいる。

当社における研究開発の代表的なものとしては、

  1. 乾式肌上げ法の重要なポイントとなる表打ちをより安全に進めることを目的とした、常温抽出の布海苔の使用法の確立。
  2. 本紙料紙の欠失部への補填法の改良。
  3. より良質の補填絹としての、劣化絹の改良・実用化への研究。

等があげられる。

今、『文化財保存』は奈良における唯一の連盟加盟工房として東洋の絵画・書跡を中心とし、その他幅広い文化財の保存と修理の分野においても地道な努力を続け、この地に礎を築いて行きたいと考えています。

ページの先頭へ