ホーム > 連盟について

連盟について

国宝修理装潢師連盟は、国宝・重要文化財を中心とした文化財(美術工芸品)の保存修理を専門的に行っている修理技術者集団です。主に日本・アジア地域で製作された「絵画」「書跡・典籍」「古文書」「歴史資料」などを修理対象としております。

国の選定保存技術「装潢修理技術」の保存団体として技術の発展及び向上を図り、文化財修理及び関連する諸事業を通じた社会貢献を行っています。

国宝修理装潢師連盟の設立

当連盟の主な工房は、古社寺保存法(明治30年施行)、国宝保存法(昭和4年施行)時代より指定文化財等の修理を行っており、昭和25年の文化財保護法施行以後は、国庫補助事業としての国指定文化財の保存修理に携わってきました。

昭和34年3月、当時指定文化財を修復していた7工房(東京1、京都5、大阪1)の代表者が参集し、装潢技術の向上をはかると共にそれらに付帯する事業を行うことを目的として「国宝修理装潢師連盟」が設立されました。各工房はおのおの独立した組織であり、従来はそれぞれが独自の対応と工夫をこらし修理を行っていましたが、連盟設立により工房間の連絡が密になり、伝統的な装潢技術と新しい修理理念のもと、加盟工房相互の装潢技術の研摩向上に努めるようになりました。

平成7年、国の選定保存技術に「装潢修理技術」が選定され、当連盟はその保存団体として認定されました。このことにより当連盟は、文化財修理技術の更なる研鑽向上と後継者育成策を講ずる社会的責務を負うこととなりました。以後、国際シンポジウムや定期研修会等の開催、修理技術者資格制度の導入などを通じてその期待に応えるとともに、平成17年には法人化を行い、より充実した活動の展開を目指しております。

平成27年現在,加盟工房は東京2、京都5、大阪1、滋賀1、奈良1、静岡1、福岡1の12社であり、所属する登録技術者は130人に及んでいます。また連盟設立以来、加盟各工房が修理施工を実施した国指定文化財(絵画,書跡・典籍・古文書,歴史資料,染織工芸品等)の件数は、およそ2,000件以上に及んでいます。

国宝修理装潢師連盟の事業目的

国宝修理装潢師連盟は、国宝・重要文化財をはじめとする文化財に関する修理装潢技術の向上並びに、これらに付帯する知識の交換、会員相互及び内外の関連工房との連携協力等を行うことにより、修理装潢技術の進歩普及を図り、もってわが国の技術の発展に寄与することを目的としています。

  1. 所属する会員法人の修理技術者への、修理技術者資格の付与
  2. 研究発表会、技術講習会、講演会、見学会等の開催
  3. 文化財に関する国内外の関係機関との交流及び協力
  4. 修理装潢技術、修復材料の開発、改良、研究の奨励
  5. 修復材料関係における、文化財選定保存技術保持者育成のための協力
  6. 修復資材の共同購入、共同備品の整備
  7. 修理装潢技術に関する後継者の育成
  8. 修復事業の請負、修復技術者の派遣、修復に関する資材の販売
  9. その他目的を達成するために必要な事業

シンボルマークについて

全体の色と雰囲気は日本国旗の「日の丸」からモチーフを選び、「国宝」のイメージを昇華させました。色は赤を少しくすませ「伝統」を強調し、上に重なるピンセットが「緻密な作業」と「現代」を表現しています。また、海外の方にも認識しやすいように The Association for Conservation of National Treasures の文字列と頭文字「ACNT」を並記しました。

〔平成17年4月1日制定〕

ページの先頭へ