ホーム > 連盟について > 修理技術者資格制度

修理技術者資格制度

国宝修理装潢師連盟は、その専門性、技師能力、使命感をもった、広く門戸を開放した組織体でありたいと願い、優れた技術と崇高な使命感をもち、規定の講習を受講したものが参加できる一方、技術や使命感に欠けるものはその資格を失うようなシステムの「修理技術者資格制度」を平成15(2003)年度より導入、実践しています。

修理技術者資格制度は、修理技術者の技量の判定をより客観化して評価することにより、各工房間の様々のばらつきをなくし、社会に開かれた技術者集団への脱皮を意図したものです。技術者を技手、技師補、技師、主任技師、技師長の5段階に分けるこの制度の特徴は、経験を積めば誰でも技師にはなれますが、主任技師、技師長には試験制度がある点にあります。

主任技師には技術者として必要な思考、表現力、心構えを、技師長には技術能力はもちろん、技術者を指導する能力について問われます。試験は、保存科学、美術史学、歴史学等、文化財修理に密接に関係した分野の学識経験者により構成される「修理技術者資格制度委員会」(外部委員会)が連盟の委嘱を受けて実施しています。

平成17(2005)年度からは、連盟外の修理技術者に一層門戸を開くため、連盟加盟工房にかつて在籍した技術者その他で、文化庁の行う修理技術者講習会を修了したものについても、一定の条件を満たせば資格試験受験資格を与えることとなっています。

また、平成20年度より、この資格制度に基づく「修理技術者標準報酬・退職金制度」を加盟全工房所属の登録技術者(専任役員を除く)に対して適用しています。

装潢師のキャリアアップ

ページの先頭へ

資格種別について

平成28年4月より修理技術者資格制度総則が改定されました。

登録技術者資格認定の基準

技師長

(試験資格)
1.主任技師資格を取得後、6年以上の実務経験を有し、連盟の各分類の上級講習会を受講して、かつ、技師長試験に合格した者。
2.文化財修理に対し哲学を持ち、倫理を理解している者。
3.主任技師としての能力の上に、文化財の所有者、修理監督者への文化財の概要、損傷の詳細な状況、修理の全容、対処の技術、材料などの詳細な内容等を相手が理解できるように説明できるコミュニケーション能力を有し、更には、後進の技術者へ自身の持つ知識、技術等を指導し、伝える能力を有する者。
主任技師

(試験資格)
1.技師資格を取得後、6年以上の実務経験を有し、文化庁の修理技術者講習会、および、連盟の各分類の中級講習会を受講して、かつ、主任技師試験に合格した者。
2.文化財修理に対し哲学を持ち、倫理を理解している者。
3.文化財に関する学術的情報を収集・学習し、作品の表現及び構成材料を理解できる能力を有する者。作品の損傷状況を判断する能力を有する者。
4.修理のための技術や使用材料についての基礎的知識を有し、正確な作業を実施できる能力のある技術者であること。
5.文化財の所有者、修理監督者、工房経営者及び技師長等とのコミュニケーション能力を有する者。
技師 技師補のうち、4年以上の実務経験を有し(但し、文化財に関連する大学院修士課程以上を修了した者は、技師補の実務経験は2年以上とする)、かつ、連盟の初級講習会を受講し、実技認定された者。
技師補 次のいずれかによる
・大学院修了以上。
・大学卒業者。
・短期大学卒業後、2年の専攻過程を修了した者。
・短期大学卒業後、1年間の専攻過程を修了し、技手1年の実務経験を有する者。
・短期大学卒業者で、技手2年の実務経験を有する者。
・高校卒業者で、技手3年の実務経験を有する者。
上記いずれも、連盟の新任者研修会を受講し、かつ修理技術者資格制度登録審査に合格した者。
技手 高等学校・短期大学等を卒業した者。連盟の新任者研修会を受講し、かつ修理技術者資格制度登録審査に合格した者。

資格試験の種類

書跡I類 書跡に対して本紙修理の技術と知識の全般を有する者。
主に、次の形態(装丁)の文化財の修理の技術と知識を有する者。
・裂地と紙を用いた掛軸装、巻子装、冊子装など。
書跡II類 主に、次の形態(装丁)の文化財の修理の技術と知識を有する者。
・装飾的な形態(装丁)を伴わない古文書及び歴史資料群(冊子装、巻子装、額などを含む)。
・主に、抄紙機を使用した「漉嵌め」や「DIIPS」による修理の技術と知識を有する者。
絵画I類 絵画に対して本紙修理の技術と知識の全般を有する者。
主に、次の形態(装丁)の文化財の修理の技術と知識を有する者。
・裂地と紙を用いた掛軸装、巻子装、屏風装、襖貼付など。
絵画II類 主に、次の形態の文化財の修理の技術と知識を有する者。
・壁画や板絵などの様々な基底材に描かれたもの。
・主に、補彩、絵具層剥落止めなどの彩色層の修理の技術と知識を有する者。

【ご参考】旧分類(平成15年度より平成27年度まで)の資格種別

「書跡」=書跡・典籍、古文書の修理全般

「絵画甲」=主に絹、紙に描かれた絵画の修理全般

「絵画乙」=主に絹、紙以外の素材に描かれた絵画の修理全般

ページの先頭へ